スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
東野圭吾【容疑者Xの献身】を読んで
- 2010/01/31(Sun) -
容疑者Xの献身 (文春文庫)/東野 圭吾



¥660

Amazon.co.jp


 ちょうど何か数学に関する本が読みたいなぁと思っていた時に出会った。




もともと、「数学者」と言われている人物のイメージが好きで、自分の目標とする人物像としている。


それがこの主人公とがっちり重なる。


偏見ではあるが、もともと自分が目指しているイメージというのは、「合理性を求め、他の事で揺らぐことのない精神状態」 「信じる真理のみを求め、他の事で揺らぐことのない精神をもつ」という一見冷たい人間と思われそうな人物像。




理想をそこに置くのには理由がある。




当たり前のことだが、人間として精神状態や環境や状況によって思考や行動が安定しない事が起こってします。


どんな時でも常にベストを尽くす!というのが理想だとしても、それが上手く発揮する事は難しい。


だからこそ、それが出来る状態を理想とする事によってそこに近づきたい。


そうすれば、どんな時でも「まだ理想には遠い」と向上心をもてるから。






そんな理想像ともあるべき姿がこの本の中の「容疑者X」と重なる。
















 もともと算数、数学が小さい頃から好きだった。


好きな教科はいつも「算数」か「数学」だった。




そして今の状況、職業とまでして接していたい事柄のきっかけも、その数字を信じるが上の面白さに気づき、心にささったからだ。




遊技機は、色々な数字(確率)の積み重ねで出来ている。


そして、確率であるからこそ、その表れる数字のブレがでる。


これほどまでに、確率を肌で感じるものが他にあるのか、そう思った事が熱中したきっかけだ。





1/200を引いた瞬間を味う


1/2000を引いた瞬間を味わう


1/20000を引いた瞬間を・・・





そこに個人的な魅力の本質が集約されている。















 もともとサスペンスなどの推理ものの本を読む事には気が進まなかった。


それまでもほとんど読んだことがない。




たまたま手にした本が、聞いた事のある本で、さらに数学者という文字が見えたので読み始めた。 軽い気持ちで。


だが、その偶然が自分にとって非常に大きな出会いとなった。




もともと本を読み返すタイプではない。 だからこそこうやって感想文を書くことによって内容を忘れないようにしている。




だが、この本は一度読み終わってからわずか数ヶ月でもう一度読んだ。


そして、その2回目の読書はわずか一日で集中して読み終えてしまった。






「P≠NP問題」


「思い込みによる盲点をつくのが数学の試験を作るセオリー」




この2つをテーマとして事件を解決すべくガリレオ先生と容疑者Xの戦いが進む。


戦いというのは言葉が間違っているかもしれない。




犯罪を言葉を変えてたとえると、問題を作った容疑者と問題を解くガリレオ先生、という感じ。




東野圭吾のガリレオシリーズは、全て読んでいて臨場感を感じる。


登場するキャラクターを想像したり、情景を想像したりする事によってあたかも自分がそこにいるような感覚となる。


完全にその世界に入り込む事が出来る。



何故か全てのイメージが頭の中で出来上がってしまっている。


今までその言葉をイメージとして感じていた者達(物達)がガッツリとそこにはまってしまう。








だからこそなのか、テレビや映画を見て視覚としてイメージを取り込むことに抵抗を感じる。


頭の中で出来上がったイメージを、視覚としてみる事で固定化したくない。




ガリレオ先生は福山雅治ではなく、頭の中でのガリレオ先生でとどめておきたい。











 これほどまでに熱中した本に出会ったことに感謝。




以上で「容疑者Xの献身」の読書感想文を終了します。








ブログRankingへ応援もよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 読書 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ふらんす亭と0巻 | メイン | 養老孟司【逆さメガネ】を読んで>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://epselan.blog42.fc2.com/tb.php/909-1343a439
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。