とあるBARにて・・・  パート6
- 2009/10/13(Tue) -
 

 女「わたしは何も悪くない! 悪いのは私についてこないみんなのせいよ!」






 静かなとあるBARにて突然聞こえてきた悲鳴のような声。
その声の方には一組の男と女がバーテンダーを前にしてカウンターに座っていた。

聞こえてくる会話の内容は、二つの立場で二人の関係が成り立っている事を想像させる。
一つはこの静かなBARに似合った恋人の関係。 もう一つは会社の上司と部下の関係。

時には恋人同士の甘いやりとりが、時には上司と部下の厳しいやりとりが聞こえる。







 女「あなたはどっちの味方なのよ!」

 男「どっちの味方と言っても立場が違うだろう!」





男の言い分はこうだ。
私生活では恋人関係で信頼しあってはいるが、会社では上司であり社長である女の手腕に対して異論を訴えていた。

だが、その異論を女はまともに受け付ける事はなかった。

どんなに男が真剣に訴えても、女は頑として自分の意見以外は取り入れない。
2人きりの時も甘く受け流してしまう。

そして女の会社、男が勤めている会社が破綻の危機となった。





 女「あなた達には何度も言っている。 私の言っている事だけをしていないからこんな状況になってしまっているのよ」

 男「みんなの意見は全く逆なのを気づいているのか? 君の意見とおりにやっているからこうなったんだ」

 女「何もやっていないじゃないの! なぜ言うとおりに出来ないのよ!!」

 男「君の意見とおりにやっていても、今の時代の最先端をつかめていないじゃないか。
君の頭の中に描くものがみんなには伝わっていない。 まったくだ。  そして君が発する言葉にも誰も信用をおいていない。
昨日GOODと言った事が次の日にBADというような人間の言葉に信頼はおけないし、その通りに動いた所で意味がない。 君が【やれ】といった事が次の日にはなぜ【そんな事をやっているんだ】に変わるのだから

だからこそ、僕達は考えながらやっていたんだ。  どうすれば君に口出しがされないでやれるかを」


 女「わたしの会社なんだから私が全て口出しするに決まっているでしょ!」

 男「だがそれが正しいわけではない。  多数の意思を吸収しふるいにかけてこそ、大多数の嗜好に近づくことが出来る。  
一つの意見だけを突き詰めても、それが正しい方向に向いていなかったら意味をなさない。

何が正しいかは結果が出るまでわからない。  
だが、途中からこの方法では正しい結果に近づけないからこそ、自分達で考え修正をしようとしたんだ。
だが、君は全てを認めなかった。 自分以外を全て排除したんだ。
そしてなるべくしてこうなったんだ。  この必然を君はまだ認めないというのか?」






 女「それであなたもわたしのもとから去るというのね」





ここで男は黙った。
男は迷っていた。  女に対しての気持ちを。  どう伝えるかを。




 男「何よりも大事にしている考え方の本質がある。 仕事でもプライベートでもだ。
物事に対して、計画・実行・評価・改善を行うということ。

だが君にはこの能力がない。
それは今後、一緒にいても必ずストレスとなってふりかかってくるだろう。
上手くことが運ぶビジョンが見えない。

大事な人だからこそ、それが改善される事を願っていた。
仕事で何かにきづいて改善されれば私生活にも反映されるだろうと思っていた。

今回の会社での事態、それ自体が強烈な栄養剤となって今後に役に立つのであればそれでも良いと思っていた。 
だが君はその事実に直面しても正しい評価をしようとせず、自分やその周りと向き合おうとせず、改善しようともしない。
自分がいたらなかったという事を認めない。

もし、君の言うとおりに周りの人間が言うことを聞かなかったからこの事態になったのだとしても、周りの人間をそうさせる事が出来なかった自分の力不足を認める事が出来なければ何も改善しないんだ」





 女「これから立場もかわればまたやり直せるわよ。」

 男「僕は新しい世界を見てみたい。  君のような女性とは付き合っても未来がないという事を実証できたのが君から受け取った貴重な体験だ。
それでも立ちなおるのかどうかを見てみたかった。  だがやっぱり予想とおり君は何も変わらずに倒れた。
また新しい人を探すよ。 もう君には興味はない
貴重な経験をありがとう」


 女「待ってよ!  きっとこれから上手くいけるわよ!  私生活でも仕事でも」

 男「もう興味はない」





そういって男はカウンターにお金をおもむろにおいて店を出た。
それはとてもすっきりとした顔だった。



(注: この物語はフィクションです)


スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「企画脳」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 妄想・作文 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<GARO プレミア集 | メイン | 合体を超える変形!?>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/14 02:20  | | #[ 編集] |  ▲ top

--
非公開さん>  OKですw
とりあえず、次に更新される日記にすべてがつながります!
ってか公式にリンク貼っていいの?
2009/10/14 14:15  | URL | イプシ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://epselan.blog42.fc2.com/tb.php/831-a99341f1
| メイン |