これからの遊技機業界(の管理人の戯言)
- 2006/07/11(Tue) -

 スロブログRanking  ← まずはポチッとお願いします^^



 今回は管理人が最近思っている(考えている)事についてです。
実践日記的なものではなく、ただ思っているだけの駄文なのでスルーしてもらって全然かまいません。



あ、その前に。

以前募集した「作りたい機種」でのタイアップもの。
アイディアありがとうございました(^人^)感謝♪

結局2つほど提出したんですが、その内一つはかわきちさんの「東京フレンドパーク」で行きました!
簡単な内容とするとリーチ前予告で壁にジャンプして、当るとダーツで確変抽選する、みたいなね。

一番作りやすかったですw

またこれからもお助けを乞うかもしれませんのでその時はよろしくお願いします^^



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 では思う事について。
前に書いたとは思うんですけど、パチンコを打つようになってから「どうすればパチンコの客を集められるか」という事をホール経営をしている、しようとも思っていないのに考えてはいたわけなんですが、それがどんどんパワーアップして行きました。

この業界、っていうかパチンコ・スロット(以下両方あわせた表現として遊技機を表します)に関わる人達のそれぞれの理想っていうのがそれぞれ違いますよね。

どういう事かっていうと、
遊技者(プレイヤー)側の理想っていうのが、楽しくて勝てる機種であふれる事が理想。
ホール経営側としては、いっぱいお客が来てくれるような機種があって、なるべく新台入れ換えなどの費用がかからない状態で、客が付いてくれる事によって稼働率が上がり利益が上がるのが理想。
メーカーとしては、遊技者やホールの評価が得られるような大ヒット機種を作る事が理想。
と思ってたんですけど、最近メーカーの人と話してこれは間違えという事に気づきました。
一つのモンスターマシンがずっとホールに居座っていると、その後の新台が売れなくて後々苦しい、と。
要するに、目指すのは大ヒット機種なんだけど、そうなると循環が悪くなるというなんとも難しい理想。
ま、売れる台を作るという点は変わらないんですけどね。



ま、何が言いたいかっていうとこれらの理想っていうのは、全ての人が利益を得る結果なんです。



そうなるともちろん上手く循環しませんよね。
それはこの遊技機に関わる事っていうのは「お金」が絡んでくるからです。
遊技者はギャンブルではないギャンブルとして接する訳ですし、ホールとメーカーは企業経営というもとで行っている訳ですし。
どこかでひたすらお金を吐き出し続けている場所があればこの問題は解決するんですけどね。






 これらを踏まえてこれからの遊技機業界はどうなるんだろう、って思います。
まず多くの人が思っているスロットの規制改正。
4号機から5号機になり、今でも遊技者人口が減っているのに更に拍車がかかる事がこれから予想されます。
そしてそれに伴い、ホール経営の危機にさらされる所が増える。

みなし機撤去を気にホール閉鎖をした所もあるみたいですが、これから先どうなるんでしょう。

今現在、ホール経営は非常に厳しい全体像です。
超大型店舗、又は大型チェーン店は別として多くのホールでは新台入れ替えのペースと遊技機1台当りの機械代の値上がりに苦悩してる状態。一部の抱き合わせ的な商法など、その辺の事はよくわかりませんが噂では新台を入れないといけない状態。

ホール側としてもかつかつの状態。
なのにこれから遊技機はなれが進みそうな遊技者を引き止めるような状況に陥ります。
5号機だけになった時、お店側は今までの4号機に比べて格段と下がる割数で経営しなくてはいけません。








でもね、思うんですよ。 素人の考えですけどね。

4号機初期の頃って技術介入台が多かったので、そんなに割数って取れてなかったんじゃないのかな? って。

でね、メーカーの機械代の高騰っていうのも技術力が上がったのでその分かかるのはわかるんですけど、それ以上に新台をばんばんださないとやっていけないくらいに会社自体が大きくなりすぎた、つまりは需要をオーバーしないといけないほど利益をとらないといけなくなるくらいの大きさにまで肥大してしまったのではないか?と。

それが悪いとは思いません。 企業である以上それが当たり前。

だけど危惧するんです。これってバブル崩壊した時のように感じるのは自分だけですかね?

大きいメーカー、そして色んな事業に手を出しているメーカーってありますけど、大丈夫なんですよね?
ま、あるメーカーがこれから行う大事業、これが失敗したら大量リストラだろう、とは言ってましたけどね・・・



 それはそうとホールさん。
多分一番の経営困難・客はなれっていうのは「知識介入」という言葉が今市場に広がっているからなんでしょうね。
攻略雑誌等の影響で、どういった台がいいかという事も知れ渡っているので全体的な稼動に影響が出る。 賢い客が若干増えたって事。
そういった客じゃなかったとしても、「この台はこうすれば勝てる」っていう雑誌を見たのに実際に打ってみたら「勝てませんでした」っていう一見さんがいたらもうこの先打つ機会も少ないでしょうからね。

パチンコは別として、スロットはそういった流れも含め規制改正での設置機種の変化に遊技者がついていかない(ついていこうとしない)ので遊技機離れは進みますよね~ 

ホールはこれからもがんがん潰れていくんでしょうね~・・・



悪循環・・・




じゃあいったいどうすればいいんだろ? 













 で、ここで一度この内容切っちゃいます。本当はここからの事が要点だったんですけど途中から書いてて自分でわからなくなったんでね^^;
また考えまとめて書き直します。 途中から意味不明な構成ですけど、せっかく書いたからそのままにします。 なんでおゆるしを。


ま、戯言ですからw


   スロブログRanking    
こんなんですけど1日一回ポチッとお願いします( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪





にほんブログ村 パチンコブログ
FC2 Blog Ranking












関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<まだまだ戯言 | メイン | ジャグラの屈辱  7月7日>>
コメント
-回胴連鎖-
>業界に関わる人達
「財布→ホール→新台業者→スロットメーカー→社長→税金。その連鎖に飲まれながらも流れに逆らうため日々頑張っているスロッタ-達」
【回連連】のキャッチコピーがそのまま当てはまったり。

自分もホール経営について考えた事がありますが(目指しているわけではないけど)、結局「信用」を勝ち得るのが一番得策かな~、と思いました。
一部のコアなファン以外、お金儲け以外の理由でホールに行く人間は居ないハズなので・・・

2006/07/11 08:32  | URL | ナゲ~ノ #-[ 編集] |  ▲ top

-足掻けない-
矛盾・悪循環

理解していても、自分の力より遥かに巨大な力が
作る流れには逆らえない・・・ヽ(;´Д`)ノ

矛盾と共存しながら、ぎりぎりのところで
自分の道を確保していかないとならないのかなぁ・・・

目標の違う幾つかの力が同じ道をゆく
メーカーもホールも打ち手も・・・みんなが苦しい
状態なのかも・・・・主導権は誰が?(´・д・)??
2006/07/12 02:19  | URL | 40acres #dFAVMnKc[ 編集] |  ▲ top

- -
ナゲ~ノさん> まさにその通り!! 回連連のキャッチコピーは素晴らしい!!
自分で考えてて信用を勝ち得るのって一番難しいな、でもそれが主なんだ、って思いました。
だってパチの客の大半ってその店選ぶ理由がイメージなんですもん。これって難しいですよね、経営側をしてはw




40acresさん> あ、ちょうど次の記事書いてる所でした。
みんなが苦しい時にこそその人の実力が出てくると思います。今まで苦しんだ人はそれが強みになります。
確かに「人任せ」の流れは不安になりますよね。 未来が見えませんから・・・
最後の最後まで足掻きとおす事が大事? もう足掻くしかないですから^^;
2006/07/12 03:00  | URL | イプシ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://epselan.blog42.fc2.com/tb.php/170-2f5f5067
| メイン |