ケイゴリアン
- 2010/12/26(Sun) -
東野圭吾の本を好んで読んでいるんだけど、読めども読めども次から次へと読みたい本が。
凄い勢いで新刊が発売されているのよね。 こんなに一人の作家って本を出しているものなの?

で、自分で何を読んだかがわからなくなってきたので、WIKIを引用して読んだのをまとめてみようかと。

自分用で。 参考用で。



加賀恭一郎シリーズ

卒業―雪月花殺人ゲーム(1986年、講談社/1989年、講談社文庫)
『卒業』に改題(2009年、文庫新装版時)

眠りの森(1989年、講談社/1992年、講談社文庫

どちらかが彼女を殺した(1996年、講談社ノベルス/1999年、講談社文庫

悪意(1996年、双葉社/2000年、講談社ノベルス/2001年、講談社文庫

私が彼を殺した(1999年、講談社ノベルス/2002年、講談社文庫)

嘘をもうひとつだけ(2000年、講談社/2003年、講談社文庫)

赤い指(2006年、講談社/2009年、講談社文庫)

新参者(2009年、講談社)




探偵ガリレオシリーズ

探偵ガリレオ(1998年、文藝春秋/2002年、文春文庫)

予知夢(2000年、文藝春秋/2003年、文春文庫)

容疑者Xの献身(2005年、文藝春秋/2008年、文春文庫)※第134回直木賞受賞作品

聖女の救済(2008年、文藝春秋)

ガリレオの苦悩(2008年、文藝春秋)

真夏の方程式(2011年6月刊行予定、文藝春秋)




天下一大五郎シリーズ

名探偵の掟(1996年、講談社/1998年、講談社ノベルス/1999年、講談社文庫)

名探偵の呪縛(1996年、講談社文庫)




浪花少年探偵団シリーズ

浪花少年探偵団(1988年、講談社/1991年、講談社文庫)

浪花少年探偵団2(1993年、講談社)
『しのぶセンセにサヨナラ-浪花少年探偵団・独立篇』に改題(1996年、講談社文庫)




その他の作品

放課後(1985年、講談社/1988年、講談社文庫)

白馬山荘殺人事件(1986年、光文社 カッパ・ノベルス/1990年、光文社文庫)

学生街の殺人(1987年、講談社/1990年、講談社文庫)

11文字の殺人(1987年光文社カッパ・ノベルス/1990年、光文社文庫)

魔球(1988年、講談社/1991年、講談社文庫)

香子の夢-コンパニオン殺人事件(1988年、祥伝社)

『ウインクで乾杯』に改題(1992年、祥伝社文庫/2003年、大活字文庫)

十字屋敷のピエロ(1989年、講談社ノベルス/1992年、講談社文庫刊)

鳥人計画(1989年、新潮社 新潮ミステリー倶楽部/1994年、新潮文庫/2003年、角川文庫)

殺人現場は雲の上(1989年、実業之日本社ジョイ・ノベルス/1992年光文社文庫)

ブルータスの心臓(1989年、光文社カッパ・ノベルス)
『ブルータスの心臓-完全犯罪殺人リレー』に改題(1992年、光文社文庫)

依頼人の娘(1990年、祥伝社ノン・ノベル)
『探偵倶楽部』に改題(1996年、祥伝社文庫/2005年、角川文庫)

宿命(1990年、講談社ノベルス/1993年、講談社文庫)

犯人のいない殺人の夜(1990年、光文社/1994年、光文社文庫)

仮面山荘殺人事件(1990年、徳間書店トクマ・ノベルス/1995年、講談社文庫)

変身(1991年、講談社/1993年、講談社ノベルス/1994年、講談社文庫)

回廊亭の殺人(1991年、光文社カッパ・ノベルス)
『回廊亭殺人事件』に改題(1994年、光文社文庫)

交通警察の夜(1991年、実業之日本社)
『天使の耳』に改題(1995年、講談社文庫)

ある閉ざされた雪の山荘で(1992年、講談社ノベルス/1996年、講談社文庫)

美しき凶器(1992年、光文社カッパ・ノベルス/1997年、光文社文庫)

同級生(1993年、祥伝社/1996年、講談社文庫)

分身(1993年、集英社/1996年、集英社文庫)

怪しい人びと(1994年、光文社/1998年、光文社文庫)

むかし僕が死んだ家(1994年、双葉社/1997年、講談社文庫)

虹を操る少年(1994年実業之日本社刊/1997年、講談社文庫)

パラレルワールド・ラブストーリー(1995年、中央公論社/1997年、中央公論社 C★NOVELS/1998年、講談社文庫)

怪笑小説(1995年、集英社/1998年、集英社文庫)

天空の蜂(1995年、講談社/1997年、講談社ノベルス/1998年、講談社文庫)

毒笑小説(1996年、集英社/1999年、集英社文庫)

秘密 (1998年、文藝春秋/2001年、文春文庫)

白夜行(1999年、集英社/2002年、集英社文庫)

片想い(2001年、文藝春秋/2004年、文春文庫)

超・殺人事件 推理作家の苦悩 (2001年、新潮社新潮エンターテイメント倶楽部SS/2004年、新潮文庫

レイクサイド(2002年、実業之日本社刊/2006年、文春文庫)

トキオ(2002年、講談社)
『時生』に改題(2005年、講談社文庫)

ゲームの名は誘拐(2002年、光文社刊/2005年、光文社文庫)

手紙(2003年、毎日新聞社/2006年、文春文庫)

おれは非情勤(2003年、集英社文庫)

殺人の門(2003年、角川書店/2006年、角川文庫)

幻夜(2004年、集英社/2007年、集英社文庫)

さまよう刃(2004年、朝日新聞社出版本部/2008年、角川文庫)

黒笑小説(2005年、集英社/2008年、集英社文庫)

使命と魂のリミット(2006年、新潮社/2010年、角川文庫)

夜明けの街で(2007年、角川書店/2010年、角川文庫)

ダイイング・アイ(2007年、光文社/2011年、光文社文庫)

流星の絆(2008年、講談社)

パラドックス13(2009年、毎日新聞社)

カッコウの卵は誰のもの(2010年、光文社)

プラチナデータ(2010年、幻冬舎)

白銀ジャック(2010年、実業之日本社文庫)

あの頃の誰か(2011年1月刊行予定、光文社文庫)

マスカレード・ホテル(2011年9月刊行予定、集英社)




読んだやつが横線で。
こうやってみるとぜんぜん読んでないなぁ

東野圭吾だけ読んでるわけじゃないから、このペースで行くと永遠追いつかない気がする。
年3冊とか新刊発売される?

地道に読んでいこうかな。



ブログRankingへ応援もよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 読書 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ここ最近のぼく | メイン | がけっぷちの戦い>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://epselan.blog42.fc2.com/tb.php/1148-cf9addd7
| メイン |