スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今年一発目の花火大会
- 2010/08/02(Mon) -


 毎年開催される日にちが安定せず、しかも何故か雨に恵まれる花火大会、それが調布花火大会。
今年は梅雨明けをしている時期に開催で、心配は夕立ちのみの晴天に恵まれた。

去年から花火花火いっているけど、その中で綺麗な花火の写真っていうのを撮ってみたいなぁという希望も持っていて。
それで去年の大曲に行った後、手軽に花火が綺麗に取れるデジカメを購入。
花火は知っての通り、花が開いてから少しずつ光が伸びていく一瞬なんだけれど、普通に写真とるとシャッターがさらに一瞬なのでどこかの一瞬の切り取りにしかならない。
そのため、花火を一番綺麗に撮影する手法として、シャッターを一時的にひらきっぱなしにする撮り方があるらしい。

本当は一眼レフとかじゃないとしっかりしたものは撮れないんだけど、一眼レフ買っても使いこなせないだろうし。
普段使うのには小さいのがいいし。

という事で、去年キャノンのイクシーを買ったわけです。
花火モードという撮影モードがついてるんでお手軽。




だけどやっぱうまく撮れなかったわぁ

調布の花火は大きな花火が上がるわけではなく、小さめの花火をひっきりなしにあげ続けるような花火大会(12000発を70分)
ただ、小さい花火だから低いし、打ち上げている場所が近いので迫力が半端ない。
音と光の強い花火の連発の時には身の危険を感じるほどだから。






連発を撮ろうとすると、光が強すぎてつぶれてしまう。
一眼レフじゃないとやっぱこれ以上は無理やなぁ

あと三脚が買わないと。
シャッター開きっぱなしの瞬間があるため、その時に手ぶれをしてしまうと光が曲がってしまう。





うむ

大曲では綺麗に花火が撮れるといいな



調布の名物といったらやっぱりしだれの連発



ブログRankingへ応援もよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<狙う所、粘る所のライン取り | メイン | 愛があれば大丈夫?>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://epselan.blog42.fc2.com/tb.php/1046-b3c924ef
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。