いざ目的の地へ  その2
- 2010/07/27(Tue) -



 「こんばんわー」 とびーえむさんのお店 「Sakura Slotter’s Bar」
へと入店しカウンターへ座る。

今回の目的は・・・   特になし(笑)
なんとなく、ほんとになんとなく行きたくなったので行ってみた。
ちょうど旅立ちの前の日も、前の学校の時の仲間達とスロやパチの話題で飲んでいたんだけど、ちょうど自分に降りかかった今の時期、いろいろな事を見直してこれからの人生に対しての力を貯めようと思っている。
そんな中、このびーえむさんのお店は自分の中で一つの夢の形として思っているため、そこへ行く事で力をもらおうと。 パワースポット的な。

家からすぐ近くだったらまた別なんだろうけど、しょっちゅう行けないような距離でもなければしょっちゅう行ける距離でもない。
どうしても泊りがけになってしまうから。
だからこそ、今だ!と思ったら即実行で行くことにした。

本当は前日に飲んだ仲間達+αで行きたいんだけど、中々みんなのスケジュールを合わせるのもむずいし。
それに今回急だったし。
だから今回はまったくのスロ・ぱち素人の人間と来店。

どんな感じになるのかなぁ と思っていたんだけど、会話が途切れる事なく気づけば閉店時間になっていた。
色々な話をしたけど、色々と自分の考えを正確に伝えられなかったなぁ とちょっと後悔。
自分の意見はもっと簡潔に、いつでもどんな意見に対しても正確に答えられるようにならないとなぁ。
もっと頭の準備が必要だ。


話に夢中になりすぎて、びーえむさんがせっかく用意してくれた『大江戸桜吹雪』と『イプシロン』をほとんど打つ事なく帰る時間となってしまった。
大江戸はちょっとだけ打ったんだけど、飲む→打つ→飲む→打つの繰り返しをする予定が飲む→打つ→飲む→飲む→飲むという具合でそれ以降打たずに終わってしまった。
話す事と飲む事に夢中になりすぎました。
本当に楽しい時間を過ごせた。 面白かったわぁ

また行こうっと^^











 そして次の日。
何か観光しよう、と思っていたんだけど電車の旅のため行ける場所は限られる。
何も考えずに伊勢崎まで行ったんだけど、行った時に思いついた場所が「栃木」
以前アド街を見て栃木を特集していたときに見た光景【蔵のある街】に魅了されて実際に見たかった場所。

小江戸というキーワードだとびーえむさんが提案した川越もあるんだけど、ホテルについていたPCで両方を比較した時に栃木の方が人がいなそうな雰囲気だったので栃木へ向かう事に。
せっかく行ったのに人ごみにまぎれるのは嫌だし。





伊勢崎から1時間ほどで栃木県の栃木駅へ到着。
駅の改札を出た所には街を散策するための案内をしてくれる場所が設けられており、駅周りのMAPなどを無料でもらえた。
それを見ながら街を散策。









全部が全部蔵や古い家ばかりではなく、普通に都会な感じの街と共存している不思議な感覚の街。
予想より見る という意味での場所は少ないように感じた。

というか、あまりの炎天下で長時間歩く事が厳しい展開に・・・

それでもあっちこっちと回り、栃木を堪能。

「蔵のある街栃木」

そして

「鯉のいる街栃木」

らしい。

たしかに川には鯉が大量に!
自分の住んでいる場所の近くにある多摩川や川にも鯉はいるんだけど、栃木の川には多摩川ではあまり見ない鯉が多かった。
それと子供の鯉もかなりいた。(あんまり見た事ないんですよね)

鯉のイケスも途中にあり、そこには種々様々な鯉がいた。
そして配合表もあった。






軽く観光で行くにはいい場所かも。  
食事処や喫茶店も多いし、見る場所も結構あるし。
泊りがけで数日間がっつり!という場所ではないけど、楽しい場所でした。

何かもう一つ強い観光場所があったら栃木は凄い観光客で盛り上がるかも、と。
でも歩いて回り、普通にその場所に住んでいる人たちがいるので、あんまり混雑しすぎない程度が魅力なのかも。






 さて帰るか、と栃木駅へ行きこの駅からの最短の浅草方面への特急電車のグリーン席を取ろうと思ったら・・・
驚愕の空き席なし!
あれ? こんなに混んでいるものなの?

座れる事が確定できない状態で電車乗るのいやだなぁ と思って、二駅となりの小山へ移動。
行きと同じように湘南新宿ラインのグリーン車で帰れる事を祈る。

小山に着き、湘南新宿ラインのグリーン席を確保。 まだこの時点でどの程度の混み具合かはわからず。
(指定席ではなくて全席自由席なので)
いざ電車に乗ると・・・    グリーン車貸切!!   誰もいなかった

という事で、帰りもゆるりと電車の旅。  ビバ 湘南新宿ライン!!


ブログRankingへ応援もよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<動じない中段ベル確率 | メイン | いざ目的の地へ  その1>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://epselan.blog42.fc2.com/tb.php/1039-ed239318
| メイン |