ディザー記事
- 2011/02/28(Mon) -
 すげー楽しみにしてたんすよ。

ちょっと前に検定通過情報があがってて、今度はいったいどんな名機に仕上がっているのかな?と。

で、ディザームービーが2本上がってて、1本目を見た時点では楽しみはそのまま継続していて。
2本目はなんだろう? と思いながら再生すると・・・










ないわぁ  これはない

真面目にやってるのにそれが面白いっていうシュールさとかっこよさの両立がよかったのに、こういう狙ってやるのは引くわ

今の所がっかりです。  っていうかキャラ設定生理的に嫌です。








あ、あとね。
IGTジャパンが日本完全撤退しまして。
そうなると、5号機の初代信長の野望は購入して家においておいた方がいいのかな? と考えていますが・・・

置き場所ないからソファー捨てようかな、とか思ってたら「生活用品捨ててパチスロ購入ですか」とサラリと一般的な人とは違うという意見をいただきましたが・・・

そうなんすよね。  
台を床に置いているから中々打ちにくいんですよね。
棚もしっかりかってイスに座って打てるようにした方がいいよね、と返答しておきました。

購入検討に入ります!w




あと、先週一日で100K負けました!
内容は・・・  思い出したくもないわ・・・  過去最高一日負け額だし・・・

もう脳内でその日は消去しました



ブログRankingへ応援もよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | スロ実践日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
西から南、そして北へ
- 2011/02/21(Mon) -




 二日目は8時に起きてしっかりと朝食をとる。
普段は朝からがっつりと食事とかは出来ないタイプなんだけど、この日は別だった。
近くでとっているノリ(青海苔みたいな細かいやつ)が美味くてご飯がすすむ!
魚も上手いし、昨日食べたイセエビは味噌汁になってるし。
朝からご飯三杯もいただいちゃいましたw

おなかが満たされたところで旅館をあとにして駅へ向かう。 
ちなみに駅といっても電車でははなくてバスの駅ね。 だって電車は通ってない地域だから。

とりあえずバスで下田に戻って、ちょっとだけ下田観光を。
電車までの時間がそれほどないので、急いでロープウェイにのる。
伊豆は河津が有名だけど、それ以外の地域でも全体的に寒桜が咲いていてこの時期でもお花見気分。
冒頭の写真も下田で咲いていた桜。 初日と違って天気が良くて写真映え良し! 






駆け足で下田をあとにして電車にのって熱海へ。
熱海に寄りたかったんだよねぇ  だって「熱海に城がある!」という情報を得たからw








城にスピーカーがついている!

あとになって知ったんだけど、この熱海城は本来はなかった城を観光や展示を目的として立てたみたい。
今となっては「だからか」と思うけど、外観の違和感や中に入っての違和感が半端ない!
中は改造しまくりで、エレベーターはあるしゲームセンターはあるし、タバコは吸えるし。
城の中にいることを忘れてしまうようなエンターテインメント施設だったw


だけどね、ここに展示されているものの中には本当に凄いものもある。








全てマッチ棒で作られたという城!
全部で9城(だったっけ?)あるんだけど、素晴らしいね。 
マッチ棒を2万本とか使って作ったらしい。

さらには全国の城の写真とか位置とかも展示されていて、次にどこの城に行くかを決めるためには非常に役に立つ施設だった。
岡山城とか気になるね!  
やっぱ国宝の城は見た目がいいね!
名古屋城を見てから姫路城経由で岡山城まで行く? みたいな。
熊本城はいつかいってみたい憧れだな。

とか言いながら見れますw



他にもジオラマとかあったりしてね。




安土城のジオラマもあったんだけど、非常にかっこわるい安土城だった。
おれが作ったやつの方がかっちょいいしw





他にも武器とか甲冑とか、馬具とか。
馬具はめずらしいらしい。 間定額1200マンらしいw




デぃアゴスティーニの「週間甲冑を作る」の参考画像として甲冑の写真を用意しておきましたよ!







とりあえず、熱海城はすいていましたw
熱海駅周辺には人がごったがえしていたんだけど、城に近づけば近づくほどいなくなる人。
みんな商店街で終わるのかな? 城まで来ればいいのに。




あたりも暗くなって、帰りは海岸沿いを歩いて帰る。
ユニコーンの大迷惑の歌詞にも出てくるお宮と寛一の銅像見てみたかったし。
ちなみに「お宮の松」という松の木は実際にありました。
しかも2代目。 初代は切り株だけあった。








あと、夜になるとブラックライトがあてられた石碑。
絵が書いてあった昼間にみるとただの石に書かれた絵なんだけど、ブラックライトがあたると色が浮かび上がるらしい。




もしかしたら昼間みても色ついてるのかな?
フラッシュ付きで取ったら色が出なくて、綺麗に色を出すのに何回も取り直してみました。





これで熱海は終了。
帰りは東海道線でゴトゴトと1時間以上ゆられてゆっくりと帰ってきた。



最後に、食べたカレーたち。

熱海城のレストランであった白いカレー





熱海駅前のレストランで食べたオムカレー




熱海って食べ物で有名なのあるの?
魚とかは初日にいっぱい食べたしね。
熱海は吉祥寺みたいな感じの盛り上がっている商店街の町って感じだね。




さて、次はどこの城にいくかなw
とりあえず、季節をかえてもういちど西伊豆に行こうっと


ブログRankingへ応援もよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
伝えきれない美術品
- 2011/02/15(Tue) -




 宣言通り、旅に行ってきました!
 
ちょっと前に何気なくテレビを見ていた時に衝撃を受けた美術館がありました。
「えっ! こんな凄いのあるの?  見てみたい!」と。

それを実行するべくタイミングとなりまして、火曜日くらいに行く事を決定してその週の土曜日に出発を予定。
調べてみると、なんとも情報が少ない「西伊豆」が今回の目的地!
西伊豆って電車通ってないんだねぇ





結局、宿と交通手段が確定したのが金曜日。 そして次の日の朝早くから特急電車にのって向かうは下田!
出発の朝、あいにくの天気で全国的に雪がしんしんと降り注ぐ。
まあ いいさ。  初日は美術館が目的だから。
天気が良ければ途中からレンタカーも候補にあがっていたけど、あいにくの天気の予想だったので電車で下田まで向かってさらにそこからはバスにのって西へ向かう。

伊豆の山を越えて東から西へ。 途中、山の中は大雪だった。




 そして着いた場所は静岡県松崎市。
ここに来た理由は「長八美術館」へ行くため!


文化12年(1815年)伊豆国松崎村明地(現在の静岡県賀茂郡松崎町)に貧しい農家の長男として生まれた。6歳で菩提寺の浄感寺塾に学ぶ。11歳のとき同村の左官棟梁、関仁助のもとに弟子入りする。その当時から手先の器用さで知られた。
天保4年(1833年)20歳のとき江戸へ出て御用絵師である谷文晁の高弟、狩野派の喜多武清から絵を学ぶ一方、彫刻も学んだ。絵画や彫刻技法を漆喰細工に応用し、従来は建物の外観を装飾する目的で漆喰壁に鏝(こて)で模様を描いていたものを、絵具で彩色して室内観賞用の芸術品に昇華させた。26歳で江戸日本橋茅場町にあった薬師堂の御拝柱の左右に『昇り竜』と『下り竜』を造り上げて、名工「伊豆の長八」として名をはせた。弘化2年(1845年)31歳の時に弟子2人を連れて生まれ故郷の浄感寺の再建に係わり、鏝絵を作成している。天井に描いた『八方にらみの竜』は傑作とされる。(2007年現在、浄感寺の本堂は長八記念館となっている。)
入江は江戸に戻り、東京都台東区の浅草寺観音堂、目黒区の祐天寺などを含む多くの場所で傑作を作り上げたと言われている。明治10年(1877年)に第1回内国勧業博覧会に出品。 晩年、明治13年(1880年)にも65歳で故郷を訪れ、岩科町役場や岩科学校などで制作作業を行っている。明治22年(1889年)10月8日、深川八名川町(現江東区深川)の自宅にて74歳で亡くなる。墓は故郷の浄感寺と浅草正定寺の二箇所に設けられている。




鏝絵をテレビで見たんだけど、是非生で見てみたかった。
建物自体も全国の左官職人の手で作られたものらしく「江戸と21世紀を融合させた建物」と呼ばれているらしい。

美術館に入ると、まずは無条件で渡される拡大鏡。 
「細かい細工はこれを使ってみてください」と。  そんなに?

それほど広くない美術館だけど、そこに展示してある作品は全てが傑作だった。







この一見普通に見える富士山の絵。
しかしこれが普通ではない!









わかるかなー  
写真では伝わらないかもしれないけど、立体です。
漆喰を鏝で形付けているので、全てが立体。

何もかもを作っている。 キャンバスも枠も。

この作品の凄さを伝えるエピソードがあって、手に入れた人が枠の竹を本物の竹と間違って塗ってしまっているんですよね。
だけど途中で「あれ? もしかして?」と思って削ってみたら「あ! ここも作ったのか!」となったらしい。
その削った跡が↓





ちなみに見ててその話を途中で思い出したんだけど、それまでは本物の竹だと思ってしまっていたw






 この美術館は写真が取り放題。
だからバシバシ取り巻くって、全部見終わってから今度は写真を撮らないでゆっくりともう一周しました。


ほんと色々あるんだよね。
壷とか人形とか。  そこまで鏝で作るんかい!となるほどにw




こういう魚とか




こういう人(猿)とか。
ちなみにこういった、木の上に絵を描いているのも何点かあったんだけど、この木が本物かどうかは見てもわからなかった。






寺とかの装飾品や壁なんかの作品が多く、寺がなくなっている場合は展示されていました。
壁に壁の装飾品が展示されている不思議な感じ。

美術館自体も展示作品みたいな感じだし、他の美術館とは違って不思議な違和感を感じる。
絵なのか装飾品なのか壁なのか、みたいな。






ほんとね、これは生で見ないと素晴らしさの1割も伝わらない。
動画でも試してみたけど、上手く伝えられない。
写真でも動画でも伝わらない感動ですわ。

また行こうっと。





 そしてこの日は美術館と宿までの道のりを散歩して一日が終了。
夜は豪華に伊勢海老の刺身とアワビの踊り蒸コース!




ほんと泊まった旅館が最高だった!
料理が上手い!  女将や仲居さんがとても感じが良くて。
宿とか交通手段とかは全部ロゼに任せておれは今回何もしなかったんだけどベストチョイスだったね!

風呂は天然温泉掛け流し。 それほど広くないけどね。

居心地良し。  

今度は夏に来てみたいね、と思った。

おなかいっぱいで早々とこの日は就寝。
次の日は8時起きだ!


ブログRankingへ応援もよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
入場順番抽選命
- 2011/02/14(Mon) -

「今夜から全国的に雪らしいですよ」

「なんか雪ってわくわくしますよね!」

南関東の人間にとっては雪が積もるという事自体数年に一回なのでお気楽なもので。
雪という天気予報を見ると、確かにわくわくするのが通例なんだけど、今回ばかりはそうではない!

だって朝から並ぶ予定だから・・・   寒いってば・・・




並ぶといっても入場抽選のためなので15分程度だからまだ耐えられるけど、寒い!
傘差している手がやばいくらい寒い! 手袋持ってくればよかったぁ

抽選20分くらい前に着いたら、ホールの周りにいかにもな人たちがちらほらいる。
抽選だから、中々並びださずに屋根の下で待機。

「誰かが並び始めたら並ぼう!」という暗黙の了解のもと、バラバラにみんながみんなの様子を伺っている。
いつもの光景w





そろそろかな、とちょうどタバコも吸い終わったので我先にと並びだす!
そして先頭に並ぶ俺。 

すると、ぞろぞろと散らばっていた人たちが並びだし、店員も整理をしはじめ、さらに時間ギリギリになって人がぞろぞろとやってくる。
一番前だったので店員の話が聞こえる。

「90人ちょいだから110枚くらい抽選券用意しておいて」と。

ちなみにスロは40台くらいしかないんだけどね。
台数の二倍の人数が集まる激アツイベント! 年に数回しかないイベント!

抽選をするために並ぶ列の先頭には僕が。 そして引く!


















97番。   

あ、いらね   と店員に抽選券を返してこのホールを後にする。

パチも回る台あるんだけど、気分的にはスロなのでそのまま電車で4駅ほど移動して違うホールへ。
こちらはどこかに全台6の機種があり、その他にもちらほらという感じらしい。

ヒントがいくつかあって、その中からカンフー大戦を!  打ってみたかったし。


でもまぁね   もうこれ以上はいいや。


とりあえずカンフーは打っててあんまり面白くなかった。
すぐに出て、持ち球遊技で最後は飲まれてやめ。
それからある機種の判別に時間をかけられて、結局トータルで50K負け。

このホールは秘法伝が全6だったらしい。  
ちなみに最初のホールはスパイダー全6だったみたい。





今年は収支が荒すぎて疲れるわ。

ちなみに次の週も入場抽選番号次第のイベント参加予定。
抽選番号悪いともうどうしようもない。 けれど、他のホールに行くよりも高設定率は高いわけだし。

結局自分が座れなければ意味がないのはわかっているんだけど、他に打ちに行けるようなホールもないし。


はぁ 疲れた。

ちょっと旅に出ます・・・   

ブログRankingへ応援もよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | スロ実践日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
築城
- 2011/02/10(Thu) -


 毎年恒例となった「文化庁メディア芸術祭」に今年も行ってきました!






っていうのは別にいいんですよ。  ただの報告ですから。

それよりもね、伝えなくてはならない事があったんです。

















安土城は、現在の安土山に建造され、大型の天守(現地では「天主」と表記)を初めて持つなど威容を誇ったが、1582年(天正10年)の家臣明智光秀の信長への謀反、いわゆる本能寺の変後まもなくして何らかの原因によって焼失、その後廃城となった。現在は石垣などの一部の遺構を残すのみだが、当時実際に城を観覧している宣教師ルイス・フロイスなどの記録によってその様子をうかがい知ることができる。
安土城は六角氏の観音寺城を見本に総石垣で普請された城郭であり、ここで培われた築城技術が安土桃山時代から江戸時代初期にかけて相次いで日本国中に築城された近世城郭の範となった。そして普請を手がけたとの由緒を持つ石垣職人集団、いわゆる「穴太衆」はその後全国的に城の石垣普請に携わり、石垣を使った城は全国に広がっていった。ただし、安土城に残る当時の石垣の積み方は場所により様々であり、特定の「穴太積み」なる技法の存在を想定するのは難しい。
建造当時は郭が琵琶湖に接していたが、昭和に入って干拓が行われたため、現在は湖岸からやや離れている。安土山の全体に城郭遺構が分布しており、当時の建築としては城山の中腹に所在する見寺の境内に仁王門と三重塔が残っている。また二の丸には信長の霊廟が置かれている。滋賀県は1989年(平成元年)から20年計画で安土城の発掘調査を行っており、南山麓から本丸へ続く大手道、通路に接して築造された伝羽柴秀吉邸や伝前田利家邸、天皇行幸を目的に建設したとみられる内裏の清涼殿を模った本丸御殿などの当時の状況が明らかとなりつつあり、併せて石段・石垣が修復工事されている。
築城の目的は岐阜城よりも京に近く、琵琶湖の水運も利用できるため利便性があり、加えて北陸街道から京への要衝に位置していたことから、越前・加賀の一向一揆に備えるため[要出典]、上杉謙信への警戒のためでもあった。その規模、容姿は太田牛一や宣教師の記述にあるように天下布武、信長の天下統一事業を象徴する城郭であり、山頂の天主に信長が起居、その家族も本丸付近で生活し、家臣は山腹あるいは城下の屋敷に居住していたとされる。



WIKIより引用




作り始めたのはたしか2年前の年末。

丸一年以上かかってしまいました。  最初は一週間で終わらせようといきごんでいたんですけど・・・

でも、作り始めてすぐに気づいた。 こりゃかなり時間かかるぞ、と。




別に義務じゃないんだから、とやる気が出ないときは数ヶ月施工が止まったり。

途中で上手くいかなくなったりした箇所はなんとかごまかしつつ進めたり。

あの頃はよかった。  石垣を作っているくらいの時は。
作っている感があって。 一枚一枚石垣を切っては貼っての繰り返し。 面白かったなぁ

でも屋根。  そう、屋根が本当に苦労した。

だって説明書に「板をそってから貼る」とか書いてあるんだもん。 無理だって。
そったらくっつかないってば


たぶん最初は一ミリのズレだったんだろうなぁ 

でもその一ミリが積みかさなり、最終的には目視できるほどの隙間が・・・

あまり近くで見ないで><  粗が見えちゃうから・・・



でも、やっぱ完成すると迫力あるね!



作り始める前は、史実にのっとって完成したら燃やそうと思っていたんだけど、今となってみれば燃やすなんて無理!
苦労して作ったんだからさ。




といっても、一人ではなく職人ロゼに手伝ってもらいましたが・・・

天守の細かい手すり部分は僕の作品ではありません。





まだ完全完成ではないんだけどね。
本当は色塗ったりするところを無視して作っています。
あとは土のところとかジオラマのように作らなくては。


でも形状はこれで完成!

感無量なり!  

次作る城は最初からもっと完璧にやらないとね。
ちょっとした油断が最終的に大きなミスとなる。 
そして説明書は完全に説明されていないで、1から10を読み取らなければならないという「ウッディージョー社」の木製模型。 
難易度高し!


ブログRankingへ応援もよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | 日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
頼みます牙狼様!!
- 2011/02/07(Mon) -

 朝原付が少しは楽になってきた。
気温が二桁になると大丈夫っぽい。 長距離はまだ厳しそうだけど。

8時周辺に一気にくるP世界からのメールを見て、もう一時間の睡眠。
しばらくして目が覚めてしまったので、ちょっと余裕もって起きる。
サンデーモーニングを見ると、大沢親分はもういないんだなぁ と思いながらも石毛が出ていてびっくりするw


そして出発。 朝一の入場抽選がましで鬼武者取れればいいなぁ


















・・・・省略・・・・


とりあえず負債が60K・・・

鬼武者→ホール移動→牙狼RR→ホール移動→鬼武者→忍魂と打って何もいいところはなく。。。

ただただ負債がかさんだだけで、ネタもなく・・・





もうなんでもいいよ! と何もなく終わるのが嫌でやけになってさらに牙狼RRへ。

なんとかするにはこれしかない!  牙狼様なんとかお願いしますm( _ _ )m






すると、なんでもない「魔戒法師」文字で後シャン、あれ?背景も変わってる
→先シャンあり「魔戒法師」、後シャンあり、あれ?また背景も変わってる?気のせいかも?
→先シャンあり「当選」







ん?








プレミア!!







やべぇ なんとかなるかも!!  

ありがとう牙狼様!! 





と、とりあえずグルグルにやられた所でセグをツールにかけると、そこに浮かび上がった文字は「確変」!!
確認したと同時にラウンドが終わってキュインと右打ちスタート!!
ここからエンディングにいけば負債が取り戻せる!!






と、思いながら3連で終了。
そうそう上手い話はなし・・・






しかし、時短ご200回転で一番好きな演出がやっと来る。
先シャン、「牙狼」文字、後シャン
→先シャン、「牙狼」文字、後シャン
→先シャン、「3DGARO文字」、後シャン、バラゴ炎上黄金騎士→エンブレム落下→FOG完成→大号竜赤タイトル→エンブレム落下

一番綺麗な展開来た!! これは当たってもいいだろ、というか当たってください!!




























撃破!!

満足な当たり方、RRでは色んな演出が増えただけに前作の王道擬似3の当たり方が少なくなった気がしてたけどやっと綺麗に当たってくれた!

今度こそ20連!  いや、10連でいいからお願いします!!



とりあえずグルグルに負けた所で判別ツールにセグを入力。

そこに浮かんだ文字は・・・    文字は・・・
























「通常大当たり」



もう無理っす



やっぱなんともならないっすね・・・


収支 -62K

ブログRankingへ応援もよろしくお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | スロ・パチ実践日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |