見切りライン その2  緑ドン
- 2009/09/30(Wed) -




 「ニンタマ(忍魂)打ちに行こうよ!」

かっきーからのお誘いを受けて向かうは大都直営店のホール!
家からの出発、ドアTOドアで2時間ほどかかるが休みの遊びうち程度で考えて向かってみた。

いざホールに開店時間に着くと、そこには人の行列が!
ニンタマは30台ほどあるので余裕で取れるよ、とかっきーは言っていたが、これでは無理なんじゃね?
200人以上並んでいますから・・・




 どうやらこのホールでの月一イベントの日だったらしく、人が集まっていた。
かっきーは下調べしていなかったらしく、なんでこんなに人がいるの? と疑問に思っていた・・・
下調べしておいてよ・・・


ホールに入り、ニンタマのシマへ向かうといくつかの空き台はあるものの並んであいている場所はない。
とりあえずかっきーはニンタマへ座るが、おれは隣同士じゃないなら違うの打とう、と思って緑ドンへ!







 かっきー曰く、かたまって高設定を使ってくるらしい。
それなりに高設定を使ってもいいんじゃないか、というような客付きと前日以降の履歴を確認し、こちらも残り少なくなった空き台から選択する。

すると、1Kでボーナスが当たる!  展開良好?

かっきーもニンタマで1KHIT&ART突入だったらしい。




そしてこの後も設定6を凌駕する確率で当たりまくるドン緑。
前日とは全く別の展開。

小役での高確以降が非常に悪く感じる。
だけどボーナスが当たる。 

ARTに突入しないまま、ボーナス確率に引っ張られ追加投資をするはめに。

かっきー情報のように、確かにボーナスだけを見ると当たっている箇所と当たっていない箇所の塊がシマ内でわかれているように見える。


しかし万里に突入しない!
そのうちボーナスの確率も悪くなってきたのである程度でやめ。
それでも痛いー25Kの傷を負った・・・  

だってボーナス13回ひいて一度も万里に突入しないんだもん(自力6拓成功は除く)







 敗戦の傷を負った二人は、その足で亀戸へ。
餃子を食べた




亀戸餃子というお店に入ったが、もし一人でいきなり突入したらこのシステムにテンパル事間違いなし!
何も注文しなくても勝手に餃子が2皿までは出てくる。
メニューは餃子と飲み物以外なし。
入店のノルマが1人2皿らしい。

2皿以降はこちらから頼まないと餃子がやってこないこのお店。

とりあえず、餃子はウマー




そして、餃子を喰らいながら二人で「スロゲーセンに行こう!」と決める。
新小岩まで移動し、レトロスロゲーセン「ガスティ」へと向かうが・・・


混んでいて空き台があんまりないっす

かっきーはサイバードラゴンを打っていたが、おれは打つ台がなくて放浪。
しばらくしてもう無理だ!と なったのでかっきーには悪いが帰ってしまったw

なんかイマイチあの店では打ちたい台がないんすよねぇ





そんなこんなで、連休中に100K近くの負債を抱える・・・


スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「容疑者Xの献身」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | スロ実践日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
見切りライン その1  緑ドン
- 2009/09/28(Mon) -
 偶数設定は高確率移行率が高い!
 
 奇数設定は一撃が狙える!

 ボーナスが設定ごとに確率UP!

 CZ後の高確率スタートが設定6は別格!

 低確率で当たっても設定6は万里に突入しやすい!


ARTのパチスロなので、色々な所に設定差がついている緑ドン。
設定6の機械割りは驚愕の119%! だからホールも中々使えない。
だけど、それ以外の設定では荒れる要素が満天。

設定6はないけれど、4とか5を使っているホールはある。
それを見極める!  偶数・奇数の見極め+ボーナス確率での設定の見極め。
そしてその間に一撃を引いてしまえば設定不問の大爆発!

そんな魅力的な言葉に引き寄せられ、緑ドンの魅力にはまったものがここに約一名・・・








 普段はART機になんて見向きもしないんだけど、それはドン愛に溢れ続けて今まで生きてきたせいか一気に魅了されてしまった。
しかし有名なドンとの愛称の悪さ。  それを払拭しなくては!

と、いう事で連休初日にイベント開催の人の集まらないホールへと原付で45分ほどかけて行ってきた。
最近ちょくちょく行っているけど、設定6はほぼ使わないけど機種によっては4以上が毎回見える。
緑ドンに関しては、日にちを選んでいけば毎回4か5か6か?みたいなのがある。 
そして何よりも重要視されるのが、ライバルがいなくて更に緑ドンは4台!
この日も1/4の高設定を目指した。











 台の見切りをいつつけるか。
稼動の悪いホールではそれが更に難しくなる。 他の台の状況がわからないから。
とりあえず向き合うのは自分が打っている台!

通常時、チェリーや山を引いたあとの高確率移行率が非常に良い!
打っていて「今ボーナス引けば・・」という状態に常になっていたが。。。

ボーナスが引けない!!





でも高確移行が半端ない。
一度かみ合えば!  ART入って!!  一撃が・・・



そして来る。

高確だろ、という所で連続演出タイトル中国語でボーナス→ボーナス中にドン揃いが2回!!

これで90%、あと少しで95%   したらば・・・

と皮算用をしているが、6連で終了。





その後も同じ展開の繰り返し。
高確率にはなるがボーナスが当たらない!!



こういう展開は追っちゃダメって事かもな。
高確率移行率なんかは、確定要素として考えてはならない。

大体はわかるけど、それが本当にそうなのか。
奇数・偶数の差はわかるようで実ははっきりとわかっていないという事を理解しなくてはならないのかも。
ボーナスが当たって初めて高確率の意味があるんだから、ボーナスが当たらない台で粘ってはならないのか。
早い段階でその恩恵を受けれなかったらこれからは捨てなくてはならない!




いい経験になった。  という事で・・・

納得してしまわないとやっていられないー55K

スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「容疑者Xの献身」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事のURL | スロ実践日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
信長様へのプレゼンテーション
- 2009/09/27(Sun) -



※映画「火天の城」を見た感想日記ですので、これから見るために何も知りたくない人はご注意を!







 ということで、映画「火天の城」を見てきた!

この映画は、現存していない幻の安土城の築城の物語。
安土城とはあの織田信長が立てた城!

スロッターにわかりやすく説明すると、5号機信長の野望で信長様がいる通常画面の城!(だと思う)





 ちょうど、CR決戦を楽しみにショールームに行ったが、その出来を見てがっかりした後だった。
信長様の城!と聞いて見たかった映画だったので行ったが、見終わった後大満足の映画だった。

内容は、信長様が主役ではなく、信長様の城を建てるための宮大工やその周りの人たちの物語。
現代の企業では「ヒト・モノ・カネ」と言われるが、この映画では「ヒト・モノ・コト」として事を起こすための人間ドラマが描かれる。

最後、信長様だからこその終わり方。  そびえ立つ安土城は必見!






 前半にとても印象的な場面があった。

現代になおすと、自分の企画を通すために、3社で争うプレゼン勝負。 
プレゼンする相手はあの織田信長!
少しでも粗相があれば即斬!! という場面。

うわ  こんなプレゼンしたくねぇ  と思ったw

でも、こんな状況に比べたら現代のプレゼンはほとんど楽に取り掛かれるかもしれないなぁ とも思った。



この映画を見ながら、他にも現代にあてはめる事が出来る状況が多々あった。

信長様は、いつものとおり「覇王」でそこから発せられる言葉は絶対。
企業の責任者っていうのもそういった類のヒトが多いかと。 おれは絶対だ!という人が。

そういった所って天下統一出来ませんよね。
「ヒト・モノ・カネ」でカネがあっても(あるだけいいけど)、ヒトがついてこない。
王であっても人とどう付き合うか、という所に要点をもつ信長様だからこその映画のラスト。
夜景だね。

おれも次は信長様のような人につかえたいなぁ  
そしておれが天下統一したい!




スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「容疑者Xの献身」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
連休のスキマに
- 2009/09/23(Wed) -
 突然ですが、もう一つブログをやってるんすよ。
読んだ本の内容を忘れないように、書き綴っているんですけど、実際本の内容からはずれた事を書き綴っている次第でw

たまにはこちらでも紹介してみようかな、と思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




東野圭吾<予知夢> の読書感想文



 「オカルトは信じる心」

オカルトとは「目で見たり感じたり出来ないもの」である。

世の中には色々なオカルトが存在する。 そして人によってはそれをオカルトではなく真実としてとらえてしまう人もいる。

そんな現象が起こった事件をガリレオ先生こと湯川准教授が推理し解決する東野作品で人気のある「ガリレオシリーズ」の中の一冊がこの本だ。


ガリレオシリーズは好きなので、他の本と比べて一気に集中して読みきってしまい、読んでいて幸せの時間を感じる。

この本はとくに「世間ではオカルトと分類されるを、理論的な現象として解明して事件を紐解く」という、事件の結果だけではないもう一つの真実も暴くところに二重の面白さを見出せる。



 


 「身近なオカルト」

世間には様々なオカルトが存在する。

それはオカルトじゃない!と批判をする人もいるかもしれないが、全ての人が同様に体験出来ないの現象であればそれはオカルトなんだろう。

幽霊やゲン担ぎや占いなどなど。


ただ、オカルトだから悪いという事ではない。

例えば宗教的な事でも、輪廻転生などは誰も証明できない事なのでオカルトとなるか、といったらそれは少し違ってくる。

宗教はオカルトとはならず信仰と言われるだろう。


オカルトと呼ばれようと信仰と呼ばれようと、何かを信じる心を持つ事は人生において良い方向性へと導いてくれる場合が多い。

人の心(精神状態)は、何か信じる事にむかって進んでいる時が一番良い状態になる。

逆に、何も信じれない状態でも信じれるものを見出す事によって復活をする事が出来る。

宗教の信仰とは、そういった人の心のよりどころになるという重要な役割をする。


ただ、それらは「他人に迷惑をかけない」という前提条件があってのこと。

自分が信じている事を他人に勧めるにしても強制してはならない。

それが良い事か、正しい事か、悪い事か、個人の判断なのだ。





 少し話題をかえる。

自分の身近な事で、オカルトが当たり前のように存在している。

パチンコやパチスロにおける環境がそうだ。  

誰もが当たり前のように、自分の中でのオカルトを持ちながら遊技している。

本来、パチンコやパチスロは決められた数字・確率の積み重ねによってプログラムされた機械なので、その数値やプログラムの範囲内でだけの挙動しか示さない。


例えば、1/100という数値は100回に1回ではなく、あくまでも【1/100】という数値でしかない。

それが1000回で一度しか表れなかったり、2回連続で表れたりするのは「想定の範囲ないでの確率」でしかない。


だが実際にパチンコやパチスロを打っている人たちの思考は違う。

「前回1/100なのに400回当たらなかったから今度は100回以内に5回当たるはずだ」といったような思考を持っている人が大半だ。

かくゆう自分もそういう思考を持つし。


だが、その思考は「目で見たり感じたり出来ない」現象であり、全ては起こった結果のみが正しく予想が出来ないオカルトでしかない。


パチンコやパチスロで勝ち続ける人とそうでない人の差は、これらの「定理とオカルトの境界」を把握出来ているかどうかにある、と思う。



本の内容に戻るが、ガリレオ先生と他の人との差も同じだ。

起こった現象をオカルトとして捉えてしまうか、それとも現実現象として捉えるか、の目のつけどころの差が重要な役割をなしている。






「オカルトを楽しむ」

最後にオカルトに対しての見解をまとめる。

オカルトに対しては、決して悪だとは思っておらず、むしろ善だと思っている。

それは前提条件として「個人で楽しむ」というのが必須になるが。



パチンコやパチスロのついてのみ言えば、オカルトをもって遊技する事によって、それを持っていない人と比べて「楽しみ」は何倍にも増して感じる事が出来る。

自分ルール(オカルト)が機械の挙動と合い重なった瞬間にアドレナリンが最大放出されるからだ(持論)

ただ、それを他人におしつける行為はただの迷惑行為。

お互いの自己ルールを他人としゃべる程度でとどめておかなくてはならない。


もし他人に行動を押し付けるような時がきたら、それが事実の現象なのかオカルトなのかの見極めをして、オカルトならば自分の中でだけの「正しい」事としてとどめておく事をおススメする。

とはいえ「絶対にそうだ!」 とは言えない。

なぜならこれらも「目に見たり感じたりする」感覚ではなく、わたし自身の考え、つまりはオカルトだから。




以上で東野圭吾<予知夢> の読書感想文を終了します。


スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「予知夢」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
信長様フェチにご一報!
- 2009/09/19(Sat) -



 戦国時代物のパチンコが立て続けに発売される。
戦国武将ブームだね!

その中でも、サミーの【ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼】はGAROタイプなので注目してた。
打ってみたいなぁ と。

だけど、実は大本命の武将者があった!
それが【CR決戦‐天翔る覇者】

信長様ファンにとってはたまらない作り! 信長様がかっこよすぎる!!







 話は変わり、連休スタートですな。

出かける予定はないんだけど、稼動の予定が3日間ほど。
最近負け続けているからなんとか挽回したい!  連休のホール状況はいかがかな?

来月は激動の一ヶ月となるので・・・

さて、これから先の人生はどうするかなぁ・・・




スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「予知夢」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事のURL | 機種情報 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
先行逃げ切りドンレース
- 2009/09/16(Wed) -

 今年から9月には5月のゴールデンウィークのような連休がある。
ちまたではシルバーウィークというらしい。

何かのコラムに書いてあったが、その連休を見据えてホールが「うちは休日や土日も設定入れてますよ!」というアピールをするのが今年の特徴らしい。
だからか? メール会員になっているホールがここ最近がんばっている!

このまま日曜日も行ける?  





 そんな予想をし、さらに半分456のシマ予想で緑ドンがそれにあてはまった。
立ち回り術などというたいそうなものではなく、ただの予想ですが・・・

緑ドンうちたーい!!










 予定通りホールに付くと緑ドンには朝一客がついていない。
このホールは新台にはそういった隠れイベントをぶつけてこない。 新台は勝手にみんな打ってくれるからね。

あとは、このホールの今までの経験で一台を選ぶ。

そして2Kでドンビック!!
そしてあれよあれよとボーナス連打と万里13連荘!!
これはいただいたか?







ボーナス確率が良いまま、通常状態でもチェリや山からの高確率移行も良い。
6ではないよね。 5でもない? 4?  
ボーナスが上手い具合に当たらないのに苦労しながらも、なんやかんやで順調。
5か?


途中、ボーナス後2回目の周期CZで第一ナビありで万里突入したら花火が単独ドン花火で4連したんだけどこれ何?



そんな感じでテンヤワンヤと進んでいたが・・・













 途中から当たらなくなるボーナス・・・
ボーナス確率はガンガン下がるし、なんだかんだで万里入らないし・・・

あ、これ緑ドンが当たりシマじゃないですね、と判断ついてしまうし。

それでも「もしかしたら」といらない粘りをしていたが、周期CZで自力6拓正解3連荘をかましたくらいでボーナスも当たらないのでやめ。

投資がかさまなかったのでプラスで終えられた。





 緑ドンって、打っていて「今がチャンスだ!」とか「ここでこうなればメダルが増える!」とかいうヴィジョンが見えるんだよねぇ
そうならないんだけど。
だけど、そういったヴィジョンが見れるっていうのは打っていて励みになるし、魅力となる。

ボーナスさえ当たっていればなんとかなる!  
負けるときはボーナスが当たらないで負けるんだけど・・・

ボーナス中のドン揃いが引けない・・・ (1/185)





一度は95%とかロケットとかで連荘してみたいなぁ

一度は「今日は全てが上手くいった!」みたいな挙動をしてみたいなぁ


収支+14,5K


スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「海辺のカフカ、世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事のURL | スロ実践日記 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
いろいろ打ってきた日記
- 2009/09/14(Mon) -

 先週、上野村では色々な機種の発表会や展示会などが行われていて、色々と打つ事が出来る時期だった。

餃子の王将とハットリ君が打ちたかったので、ちょっと行ってみた!








 まずは一番打ちたかったCR餃子の王将@豊丸から訪問!
PVを見た瞬間に「これは神台だ!」と強い期待をこめて打つ。

ショールーム設定だから、それなりに役物へは入賞する。
そして役物内の玉の動き! これは実際に打って実感しないとわからない点が多いはず。
どやさ?





正直な感想、「これはホールでは厳しいな」と思った。
予想していたよりも、役物に入った後、回転体ではじかれスタートまで行かない玉が多い。
もっと優しい役物だと思っていた。

そして、スタートに入ってからリーチになる頻度が非常に多くてわずらわしかった。
これはショールーム設定なのかな?
いくら1/23だからと言っても、1/2くらいでリーチになる。

そして、カラードットではないから、どこからどこまでが一変動なのかがわかりずらい。
調光などで変動状態と非変動状態を区別出来なかったのかな?

こういう台って、他の台とは一線を課すものだから、それならばもっと一発台のように役物に入賞しずらいけど役物にいけばスタートに行きやすい方が逆にストレスにならない気がする。
役物内であれだけ玉が弾かれるとストレスに感じるんじゃないかな?
釘の調節だとホールが扱えないからああしたのだとしたら、もっとしっかりと2段階役物にするとか。

ドットアクションなども逆におとなしいものの方が良かったりして? と感じた。



ま、これは豊丸の「単パチ」シリーズ第一弾なのだろうから、実際にホールに導入されてから今後に期待!という感かな。
でも、やっぱホールに導入されたら他の機種とは一線を課した特性だけに打ってしまうかもw











 あとは、スロットのエウレカ打ったりGS女神さま打ったり、遠山の金さん打ったり・・・
パチンコでは釣りキチ三平打ったり、戦国乱舞打ったりしたけど・・・






全てはハットリ君に出会った衝撃で薄れてしまった。

ハットリ君に座った瞬間に、その圧倒的迫力に驚き、打ちながら楽しさに狂い、ハットリ君役物に酔いしれ、当たった瞬間に喜んだ。

まじでダイイチすげー   ハットリ君すげー





本当に思った。
同じ遊技機でも、パチンコとパチスロのクオリティの差がここまでついたんだな、と。
ゲーム性が違うので仕方がないと言えばそれまでなんだけど、パチンコのクオリティ、特にハットリ君のクオリティがハンパねぇ





と思いつつ帰路に着いた。

あ、CRブルーハーツ見に行くの忘れてたw



スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「海辺のカフカ、世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事のURL | 機種情報 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
サマーウォーズ!
- 2009/09/11(Fri) -




 サマーウォーズを見ました!

冒頭のようつべは、これから見ようと思っててまだ何も情報を知りたくない!というなら見ないほうがいいかも。
ま、同じ事を映画の冒頭で見ると思いますが。

ま、お決まりですが上のような人はこれ以降は読まないほうがいいかと。

















事前情報なしで行ったんですよ。
見た人がみんな「面白い」っていうから。

でもまさかあんな内容だとは思わなかった。 いい意味で。

壮大  

現代と近未来と古き良き日本の形とか、色々な要素が入っていて魅せられる。
主人公や何か一つの強大なメカとかが活躍するんじゃなくて、全体的に魅せられる。


面白い!  






あと、製作者側の意図として、人に影がまったくないキャラ設定なのでそこらへんも意識してみると面白いかも。




年末は劇場版ヤマトかぁ

予告編とか見る限り、なんか劇場版としてのクオリティは・・・


スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「世界征服は可能か?」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
緑ドブ
- 2009/09/10(Thu) -


 苦しんでひいたBBでドン揃い!     よしっ 万里突入だ!!!



苦しめば苦しむほど、万里中のビリーつかまえ後のBGM(ドンドンBGM)が心に刺さる。
あれはまじで神曲!  テンションが一気に上がる!!



そんな緑ドンに夢中です。  といっても2回目だけどw

95%に突入させてどれだけ伸ばせるか、そこに全てがかかるゲーム性。
一日打っていると「勝負所」がやってくる。

高確濃厚でひいたBB中、ART継続50%モード。
ここで一度ドンを揃えれば75%!

そこでART中に更にBBをひく!!
途中で昇格した様子なのでいま90%!
ここでドンを1回揃えれば95%!!

ここだ!  ここが勝負どころだ!!











それが早い段階だと面白いのですが・・・

後半だと失敗=もう無理に・・・






あぁ   もう無理ですね・・・





なんだこの目の前の緑は?   緑ドン?










いや これドブですね   緑のドブですね





ドブに落ちた→【50K】



スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「世界征服は可能か?」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事のURL | スロ実践日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
頭の良くなる方法がここにある!?
- 2009/09/08(Tue) -

「テトリス」をプレイすると頭が良くなる? 最新の研究結果で明らかに

アメリカ・ニューメキシコ州の研究機関によると、「テトリス」を3カ月間、1日30分ずつプレイすると、脳の灰白質が増大し、また活動も活発になることが明らかになったそうです。



ITmedia Gamez引用



 わかるわぁ

テトリスやってる時期って、調子いいもん

ってか、慣れもあるけど一瞬の判断力とかがないとやれないからね。

これってテトリスだけに限ったことじゃなくて、色んなゲームにもあてはまるんじゃないの?



最近麻雀格闘倶楽部の三麻にはまってるんだけど、一瞬の判断ミスで終わるw
麻雀も、自分の手配の伸びを考えつつ、ロンされないように場の牌を確認して考えつつ、しかもゲームだから限られた時間でそれらをやらなくてはならない。

本気でやればやるほど頭を使わないとならないから。





プレッシャーがかかりながらやるゲームっていうのもいいよね

色々なことを経験するのは良い事だ







はぁ~   次は緑の野郎の日記でも書くかな・・・

スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「世界征服は可能か?」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
CR忍者ハットリくんと餃子の王将と釣りキチ三平を
- 2009/09/07(Mon) -




 一昔前のダイイチの機種で「初代ピンクレディー」「初代バカボン」を好きだった人っていうのは結構いるし、やっぱり面白かったんだよなぁっていうのはとてもよくわかるんだけど、個人的には「初代ハットリ君」まで含めた3機種が面白かったなぁ と強く印象ついている。

ハットリ君は、バカボンにつうじるものがあって、ダイイチお得意(と個人的には思っている)の「わいわい感」が非常によく表現されていて、打っていて面白い。

最近のバカボンでも面白い!と言ったけど、打っていて「こんな当たり方への道筋もあるんだ!」と思わせる。
色々な事が起こりすぎていっけん「何がなんだかわかんねぇよ」となるんだけど、実は単純なつくりになっていたりする。
魅せ方がうまいんだよね




 そして今回の服部君。
上に貼り付けた動画以外にもPVがあるんだけど、それを見る限り「これは神台だ」と思ったw

超面白そう!!

ハットリ君役物が欲しいw




ちょっと上野にいってショールームで拝見させてもらおうっと

ついでに餃子の王将も見てこようっと

ついでに釣りキチ三平も見てこようっと
あの魚役物は通常時はいったいどうなっているんだろうか?




スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「世界征服は可能か?」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事のURL | 機種情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
緑といえば?
- 2009/09/05(Sat) -

 ネタつぶしのため、今回は緑でw


このゲームの元ネタが発覚した。
たまたま本を開いたらこの事が載っていた。
「考具」という本に書かれていた内容で”カラーバス”という言葉がもとになっている。


概要
朝、家を出る前に意識するものを1つ決めておく。例えば、「今日は赤!」と決めて家を出ると、移動途中でやたらと赤いものが目に飛び込んでくる。これがカラーバス効果。

カラーバスのバスはBATH、色を浴びるということ。ただし、意識するものは色でなくても形、位置、音などなんでもOK。






限られた時間の中で、しかも閉鎖された場所(電車の中)だったので、考え付く限界があったけどいい暇つぶしになった「その色どんな?」ゲームw

緑で出た内容はこんな感じだった




ミドレンジャー
お茶畑
昔の新幹線のライン
ピーマン
お~いお茶
寝間着Tシャツ
緑のリュック
ほうれん草
グリンピース
カエル
カマキリ
バッタ
ガチャガチャのスライム
馬場ちゃん
アスパラガス
ブロッコリー
スイカ
宇宙人の血
スイカの皮
ピッコロ
ミトコンドリア
胆嚢
東北新幹線の売り子のユニフォーム
アボカド
グルド
マスク
マスクメロン
東京都のマーク
生産緑地推進地区の看板
JR
ヴェルディのユニフォーム
銅を燃やした炎
ミドリ亀
ペプシシソ



そんな暇つぶしw


スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「生物と無生物のあいだ」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
赤と言えば?
- 2009/09/03(Thu) -

 大曲に行ったとき、予想された暇な時間。
盛岡までの行きの新幹線が2時間半、盛岡から大曲までの新幹線が1時間、大曲についてから花火が上がるまでの待ち時間が4時間、大曲から盛岡までの帰りの新幹線が1時間半、盛岡から帰りの新幹線が2時間半。

DVDプレイヤー持って行ったり、将棋持っていったり、散歩したり、時間をつぶす事は得意なんだけど、それでもどうしても埋められない時間があると予想される。
それが盛岡・大曲間の行き帰りの新幹線。

指定席は取れず、立席券で混雑が予想される。
何する?  暇じゃね?


と、いう事で事前にゲームを考えていた。








 何かの本(脳とかの本かな?)で読んだんだけど、その日にテーマのカラーを決めて世の中を見ると、いつも同じ風景を見ているはずなのに今まで気が付かなかった景色が見えてくる。
たとえば「今日は緑」と決めて風景を見ると、今まで気が付かなかった緑の看板を発見する、という具合に。

それを踏まえ、ゲームを考えてみた。
題して「その色どんなのがある?」




初回は「赤と言えば?」というテーマで、思いつくかぎり羅列していった。
ルールは以下の通り
①赤ければOK
②同じものの色違いは避けたほうが良い
③同じもので色違いが5種類以下ならいいんじゃない

例えば、絵の具だと「赤の絵の具」や「白の絵の具」など延々とあるのでなしにした方が面白い。
パプリカだと、一般的に認識されるのは「赤」「緑」「黄色」くらいなので困ったらアリでもいいんじゃない? と。

ゆるーいルールで時間稼ぎをした。

という事で1時間程度続いた「赤といえば?」ゲームで思いついたのが以下となりました。



トマト
彼岸花
赤血球
信号
秘書のメガネ
リーダー色
コカ・コーラ
サンタクロース
郵便ポスト
パトライト
ルビー
新幹線の中の・(看板に書かれていたもの)
ブレーキランプ
消火器
夕焼け
アルタイル
日の丸
エヴァ二号機
赤いくつはいてた女のコのくつ
シャンクス
シャア専用
紅茶カデンストレート
タイ
エビ
カニ
赤ミミズ
タコ
紅しょうが
紅さつま
口紅
チューリップ
レッドソックス
梅干し
レッドカーペット
スイカ
赤提灯
赤パプリカ
唐辛子
リンゴ
フェラーリ
ミニーマウス
養老乃瀧のロゴ
イチゴ
ドラえもんの鼻
ウルトラマン
シティーハンターの車
湘北のユニフォーム
トランプのハート
セブンイレブン
福神漬け
赤組
サルのしり
赤虫
サクランボ
山梔子の花
フンドシ
サソリ
止まれ標識
駐車禁止
一次停止
通行禁止
明太子
赤福のパッケージ
赤レンガ倉庫
学年色

紅葉
ポッキーのパッケージ
キットカットのパッケージ
ガーナのパッケージ
カッパエビセンのパッケージ
ワンダモーニングショットのパッケージ
メグミルクのパッケージ
赤マルボロ
ラッキーストライク
東京タワー
ガスト
笑っていいとものテロップ
ニワトリのとさか
丹頂鶴の頭
マグロの赤み
赤短
と金
オカメのお面のホッペ
赤いバラ
赤いダリア
王蟲攻撃色




他に何かある?

このゲーム流行る?

次回は緑です!


スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「生物と無生物のあいだ」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
CR餃子の王将
- 2009/09/01(Tue) -



嘘のような本当のはなし。
餃子の王将がパチンコに!





 いやー 尊敬します  豊丸には。

ナナシー、ドラゴン伝説、キャプテンロバート、バーストエンジェルと一般電役を作り続けて、今度は「餃子の王将」が来る。

みんな思ってはいると思うんだよね。 もう長いリーチとかはいらないから!と。
だけど、それ以外の機種を作っても売れないし人気も出ないしホールも使いにくいし。

だからといって、そこに挑戦しなければホールの中が画一化するだけ。

そこに挑戦するには勇気が必要!!






 得意の一般電役で勝負!
このアクションは業界にとって非常に大切なことだと思う。
そして、その挑戦をする会社をうらやましく思う。 
それは技術力もそうだし決断力もそうだし。

もしかしたら中の人たちは「どうせ液晶で勝負しても面白いの作れないし。 ならいっその事こんなのやってみっかぁ」くらいの軽い気持ちかもしれないけど、それでもパチンコの作り手としては羨ましい。





 パチンコに限らず、パチスロでも「液晶美とストーリーで魅せる!」みたいなテーマの遊技機があるけど、それって遊技機の本来の求める事ではないんだよなぁ と思っていたりする。
遊技機の魅力って、玉や出目などがからんで、遊技機にしか出来ないギャンブル性がからんでこそ  だと思う。
液晶演出を極める!ようなのはゲームとか映画とかでやればいいし、3K使ってみれたリーチで満足、って事にはならないよね。
満足するのはその先にある大当たりや、そこに行くまでの流れやらがあるわけだから。

どんなものでも「遊技機としての特性」の下に他の魅力がない限り面白くない。





 CR餃子の王将は、役物に玉が入って、役物内で玉が動いて、さらにそこからリーチがかかって当たりを目指す。
個人的に一番好きな遊技かもしれない。
役物も、どついたら逆にダメな作りに見える。 ド付き防止?
ただ役物入賞の釘調整が難しいんだろうね。 それとネカセがかなり重要だと思うし。
扱えないホールは買わない方がいいんじゃない? 





LN制が復活して流行んないかなぁ
ショールームに打ちに行きたいなぁ
ついでにクレイジーサークルも打ちたいしなぁ
楽しみだなぁ

名古屋にいって豊丸に就職したいw


スロブログRankingへ応援もよろしくお願いします!

気が向いた人はもう一つのブログ「ぼくのしゅくだい」の方も読んでやってください。
今週は「生物と無生物のあいだ」を読んでの感想です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | 機種情報 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |